お通夜

お通夜

お通夜は故人の遺体を見送る儀式です。告別式の前夜に別れを悲しみ、故人の冥福を祈ります。
お葬式というとお通夜のイメージが強いかもしれません。

 

お通夜の夜は悲しいですよね。故事を最後に贈る儀式ですからね。お通夜では生前の故人の姿を思い浮かべることが供養になります。

 

どういうことかというと、お通夜では家族は憔悴しきっています。
お通夜には、往生当日の夜分に納棺して親類筋だけで執り行なう「仮通夜」と、その翌日に人並みの弔問訪客をあいしらいて行う「本通夜」があります。仮通夜は親せきだけで故人を見守り、一律に過ごすことが意図であるため、本質的には格段何かを実施ということはありません。御僧を招いて読経してもらうこともありますが、近年は略されることが大部分です。装いも、かしこまった礼服である必要はなく、カラフルな色合のものやアニマルの皮を使ったものなどでなければ平服でかまいません。
現代世界のお通夜がたとえナイトの弔いのようになりつつあるとしても、遺族や程近いな人にとって、御通夜は不帰の客と明かす最期の最終なひと時です。又、遺族は看護で身体的に疲労しているケースもありスピリット的ながくがくもあります。弔問に訪問の際は、そのような箇所に充分心遣いしたいものです。

 

都合で葬儀や告別式に出席・参列できない時には、葬儀や告別式に参列できない代わりに通夜に弔問しても良いでしょう
(どうしても葬式葬儀に出席・参列できない時には、それほど親しくなくても通夜に弔問して構いません)。

 

以下は仏式の場合の【通夜】ですが、神式では「通夜祭」と、それに続いてとり行われる「遷霊祭」という神事がそれにあたります。キリスト教式でも、通夜の儀式を行います。いずれも参列者が一同に揃って行われます。

 

末期を迎えたら、遺族はホスピタル等から亡き骸の運送を求められます。葬儀社にコンタクトを取り、死体運搬車(寝台車)を手配します。その折には輸送先を確認されますのでコールをする前に遺族や個人の想いや居住環境などを配慮し考えておきましょう。家処に帰ることが可能な状態であり、家に連れ帰ることを願望であればその旨を葬儀社に伝えます。住宅に帰らなければ斎場へ向かう事となります。死者の安置が済みますと、葬儀社と葬礼の打ち合わせを行います。

 

 

 

 

 

関連ページ

葬儀の平均費用
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
告別式
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
火葬
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
通夜ぶるまい
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
返礼品
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
戒名
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
お葬式の給付制度
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
生活保護の場合の葬儀費用
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
四十九日の法要
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。